2008年5月30日金曜日

10.5.3アップデートでもSafariの日本語入力の問題は解決せず

 4月18日頃のソフトウエアアップデートによってSafariは3.1から3.1.1にバージョンアップしたけれど、先日掲載した日本語入力の不具合は治っていなかった。この不具合は同じSafari3.1.1でもLeopardでのみ発生していてTigerでは発生していないのでSafariの不具合というよりは、MacOSXの不具合なのだろうと考えていたから、今回のMacOS X 10.5.3アップデートで治るのではないかと期待していたのだが、まことに残念なことに状況は何も変わっていないようだ。

 この日本語入力の不具合というのはあらためて説明すると、Webページのフォーム入力時に一度でもパスワードフィールドにカーソルをいれてしまうとその後日本語入力が一切できなくなるというもの。今回のアップデートはファイルのサイズも大きいし、まだ日本語では提供されていないけれど詳細情報にあるアップデート内容も多岐にわたっているので期待は大きかったのだが、残念。この問題って困っている人いないのかなあ。

 以前の記事にも書いたけれど私の環境ではATOK2006を組み込んだ環境を移行アシスタントによってTigerから移しているから特殊かもしれないので、ことえりだけのピュアな環境で今回のアップデートを施した方はぜひとも試してみてもらいたい。ちなみにどこのWebサイトでもBlogでも起こるようだけど、た〜にゃの部屋(本館)のた〜にゃ日記でも試してもらえる。(とかいいながら自分の運営しているサイトに誘導するしw)ま、実際に書き込むまでしなくても結果はわかるのでどこのサイトでも試せるんだけどね。逆に、問題が起こらないよというサイトを見つけたという方がいらっしゃったら教えてもらいたい。HTMLの記述の仕方で回避方法があるのかないのか、気になる所ではある。

0 コメント: