2008年6月4日水曜日

ソフトバンクがiPhoneを出す

 昨日のソフトバンクの新製品発表で(予想通り)何もなかったので、あとはWWDCまでジリジリしながら待つだけと思っていたし、たまたま今日は一日出かけていたので、客先の(あまり興味のなさそうな)担当者から聞かされるという、ある意味とてつもなくショッキングな第一報だった。帰宅して、ブロガーのみなさんの反応はどうよとApple-Styleさんにアクセスしてみると、「ありゃあすごいことになってる、完全において行かれた感があるなあ」てな、iPhoneの話題一色だ。私は、Apple-Styleさんの一日の紹介記事がこんなに多いのは初めて見た。しかも、どんどん追加されているようだし。(出遅れた私の記事は掲載されるでしょうか。)

 それぞれ、賛否両論で「なんでソフトバンク?」「ソフトバンクじゃやだ」みたいなドコモユーザ&ドコモ信仰派の方がいるかと思えば、「この日のためにソフトバンクに乗り換えて待っていたぜ」だったり、「ドコモからでると思ってたから古い機種を無理して使っていたのに意味無いじゃん」といったいろんな意見が。「MNPしてまで買う気はないぜ」とか、「一年割引の違約金がかかる」とか、「そもそもiPhoneそんなに欲しくないし」とまるで手の届かないところにある柿は渋いみたいな話になったりもしちゃってる。これぞ、ほんとに賛否両論&百花繚乱?といったところだ。

 では、私はどうなのかというと、iPhoneを購入するのはもう私の中で決定事項で、一時期M1000とかX01とかのいわゆる「よせばいいのに携帯」にはまっていた反動で今は普通の携帯を使っているけれど、iPhoneがもしも携帯電話としては使いにくかろうが何しようがメインの携帯として無理矢理でも使い倒してゆく覚悟はできている。どこから出ても良いようにもう1年以上も前からドコモとソフトバンクの両方を使い分けしている状態だから、実はiPhoneがどこから出ても問題ないのだ。

 それよりも問題なのは、いつ?いくら?料金プランはっていうところが気になって仕方がないから、正直言ってソフトバンクのプレスリリースは素っ気なさ過ぎて肩すかしを食ったようだ。そこは、やはりWWDCでのJobsの口から発表するインパクトを薄めてはいけないだろうからそれ以上のことは言えないのだろうと推測するが、逆によく発表したよねというところもある。そして、あのプレスリリースでは、独占契約とは言っていないから、今後ドコモからも出ると言うことも可能性と残ってないわけじゃない。日本においてはiPhoneに関する公式な決定事項というのは今まで何も無かったので、噂がかなり先行しているところがあって何なわけだけど、「iPhoneはソフトバンクから」というよりも正確に言えば「ソフトバンクがiPhoneを出す(他は知らないけどね)」ということで、このようなタイトルにした次第だ。

 実は、今日外出する際にあろうことか、携帯電話を全部家に忘れてしまっていた。「よりによってそんな日に発表するなんて・・・」というよりは、「よりによってそんな日に携帯忘れるか普通」かな?案の定、帰宅するとものすごい数の不在着信履歴が両方の携帯に記録されていて、連絡を取ってみると、そのほとんどが「ソフトバンクからiPhoneが出るね」という用事だけだったらしい。ソフトバンクユーザでいわゆる「ただ友」なその友人は、「出たら一緒に買おうね」だって。さすが事前にiPod Touchを見せて洗脳し続けてきただけのことはある。

0 コメント: