2007年5月6日日曜日

WindowsでExposéを使ってみる


 昨日の「Exposéの予想外な動き」には、たくさんのコメントが寄せられて、まさに予想外だったわけだけど、そのコメントの中でExposé をWindowsでも使えたらという話があった。私も、時々Windowsマシンを使用している最中にExposéを起動しようとしてスクロールボタンを押してしまうくちなので、まったく同感だ。

 そこで探してみたら、すぐに発見。Macin'Blogさんがすでに紹介してる、TopDeskというソフトウエアがそれだ。さっそくダウンロードしてインストールしてみる。記事としては二番煎じと言うことになるが、私が感じたあたりを記事にしてみることにする。

 そんなに長い時間使用したわけではないが、とてもよくできているソフトウエアだというのが総合評価。動作はExposéそのものだといっていい。ときどき動作がもっさりするときがあるけど、おおむねスムーズに動く。(そのマシンはP4 3.06GHzでメモリは1GB)日本語版もあるようなので、さらにそっちもダウンロードしてみた。下記がその設定画面。


デフォルトのホットキーはExposéとほぼ同じ。HOTSPOTの指定もできる。

アニメーションの指定やパフォーマンスの調整もできる。フリップ3Dにも切替可能。

 このソフトにとても感心したのは、インストール後に再起動しなくてもすぐに使えるところ。このような機能を提供するソフトウエアの常として、再起動はつきものと覚悟してインストールしたら拍子抜けしてしまった。こういうソフトだと気軽に試して見ることが出来る。ちなみに30日間のお試しには制限機能はないので、全機能を試せる。$9.95のシェアウエア。日本語版は999円だ。

 ソフトウエア自身にはExposéの文字もFilp3Dの文字もどこにもでてこないが、Webページの説明文には、しつこいくらいにExposé、Filp3Dの文字が躍っている。しかも、本来ならFilp3Dが使えないVISTA Home Basicでも、Filp3Dを可能にするところが売りらしい。ご丁寧にもMacOSXの表示もあってAppleのサイトにリンクまで張られている。一方、日本語のサイトにはどこにもExposéやVISTAの記述がない。日本ではそういうところに少し気を遣っているのかな。

参考リンク

TopDesk (OTAKU Software)
http://www.otakusoftware.com/topdesk/index.html

TopDesk日本語版 (ピーアンドエー株式会社)
http://www.panda.co.jp/products/topdesk/index.html

WindowsでもExposé!!(Macin' Blog)
http://doubleko.blog18.fc2.com/blog-entry-1204.html

0 コメント: