2009年6月25日木曜日

ジーニアスに会えない

 いよいよ懸案の盛り上がったバッテリーのMacBook Proを持参して、アップルストアの銀座に行ってきた。もしかして無償交換ということにならないかなあという、密かな、だけど大きめの期待を持って恋しいジーニアスに会いに行ったわけだ。突然訪れて、「えへ、来ちゃった。」というのもありかとは思ったけど、着いてからの予約だと長時間待たされても
なんなので、銀座に向かう前にiPhoneから予約。ところが、選択肢の中に今日はおろか明日の日付すらない。ああ、これは店内から予約すれば今日の日付が出てくるのだと思って車を走らせる。

 ここのところ数週間は、ほぼ毎週のように上野にあるクライアントのところに訪問していて、特にここ数回は車での訪問だから、いつか帰りに銀座に寄ろうと手ぐすねを引いていた。思いの外上野を出発するのが遅くなってしまったが、充分時間がある。ジーニアスにお世話になるのは、問題のMacBook Proを購入直後でキーボードのイジェクトボタンのあたりが盛り上がっているように見えて気になったので相談した時以来だからもう何年も前のことになる。そうか、このMacBook Proは購入直後から「盛り上がる」傾向があったんだな。

 いつものように、アップルストアのあるビル(サエグサビル)の真裏にあるタワーパーキングに車を滑り込ませて、久しぶりのアップルストア店内へ。脳内にアドレナリンやらドーパミンやらがあふれ出ているようで、やはりテンションがあがる。さっそくすぐそばのMacBookProの展示機からジーニアスの予約。ところが、これまた今日と明日の日付がない。いったいどういうこと?以前ジーニアスの予約をしたときは(何年も前のことだけど)15分ほど待っただけですぐに案内されたのになあ。

 近くのスタッフに声を掛けようと手が空いているスタッフを探すと、その視線を察知して向こうから近寄ってくる。(このへんが気持ちいいんだよね)「今日のジーニアスバーの予約はできないのですか?」「いただいている予約で今日明日はすでに埋まってしまっていまして」ああ、浦島太郎状態である。そうか、いつまでも以前のジーニアスではないのである。いまや、引く手あまた、予約殺到、大人気のアイドルよろしく、ファンが殺到してるのだった。遠い存在になってしまった。

 静岡から車で来ているんですが(ほんとは出張のついでに寄ってるんだけど)と言おうかとも思ったけど、まああらためて予約して計画的に出直してくることにする。

 それにしても、夕方の銀座の人波は半端じゃない。まあ、こちとら田舎モノなので東京と言えばどこも人がいっぱいでびっくりだ。「あれ?ここは歩行者専用道路か」と思えるほど人がいっぱいで車は身動きできない。まわりを見渡すと車のほとんどはタクシー(または黒塗りのハイヤー)ばかりで、一般車はほとんどいない。ああ、銀座ってそういうところなんだね。マイカーをコロがして来るのは私のような田舎モノだけか。その私でさえ、よさげなお店がたくさんあるので寄ってゆきたいと思いながら、車で来ているからお酒を飲めない状況を少し(ほんとはかなり)悔やんでいた次第だ。

1 コメント:

まさか さんのコメント...

MBPのバッテリ盛り上がり問題のエントリにコメント頂いたものです。
返信遅くなり申し訳ないです。

結果としては、保証が切れているとのことで無償交換とはいかなかったものの、定価よりは若干安く(確か13000円くらい)で新品のバッテリを買うことが出来ると知らされ、そのまま購入しました。

静岡から来たと言えば融通効かせてくれたかもしれないですね。渋谷のお店だとコンシェルジュ的な人が居て、用件を聞いて対応時間が短そうな感じであれば割り込ませてくれたりした気がします。

早く交換できるといいですね!