2009年6月12日金曜日

手作りiPhoneケースの試作品がぞくぞく


 先日、はれてiPhoneを手に入れた私の両親がついにというか、いよいよというかものすごい勢いで動き出したのでお知らせする。といっても、まさかiPhone用のアプリの開発を始めたなんてことはあるはずはなくて、タイトルのとおりiPhone用の手作りケースを作り始めたということだ。

 どんなケースを考えているのかというと、せっかくのすてきなiPhoneのデザインを覆い隠してしまうようなことは野暮だと思っていて、むしろ積極的に見せびらすために「はだか」で使いたいと思っている人(私もそう)が、それでもバッグの中にいれるときにはケースに入れておきたいという使い道のケースで、すてきな大人がもって恥ずかしくない、粋なデザインをめざしている。できれば和装の女性が持ってもしっくりくるようなものも作りたいといっている。(このへんは、かなり私の要望が入っている。)

 試作品第一号は、ただでさえ厚みのある素材の布を使用して、さらに裏地にキルトを張ったので、少しサイズに余裕を持たせたことも影響して、全体的にもこもこ・もっさりした雰囲気のかさばるケースになってしまった。どうも、「大事な精密電子機器だから衝撃からまもりたいイコール裏地はキルト」といういわば固定観念から抜け出せていなかったようだ。素材や、「フタ」のデザインや、大きさや、色合いなどもう何時間も検討を重ねながら、実際に作ってみてまた検討を続けるといった作業をしているところだ。

 うちの両親、実は、手作り洋服のお店(彼らはブティックと呼んでいる)をやっている。いわばモノ作りのプロなわけだけど、洋服を作るのとはずいぶん勝手が違うようで、なかなかこれだというものにたどり着けないでいる。帽子の芯につかう素材を薄い布でサンドイッチしたらとか、縫った後「ひっくりかえす」作業をしなくてもいい構造にできないかとか、洋裁の事をまったく知らない私がいろんな提案を無責任にしている。

 実は、伊達や酔狂でiPhoneケースを作り始めたのではなくて、いいものができあがったら、せっかくだからネットショップを立ち上げて販売したいなんていう実にだいそれたことを考えているようなのだが、それを私がそそのかしているのも事実で、ネットショップの立ち上げの実作業は間違いなく私が担当することになる。どこぞの国のばらまき補正予算とは違って、そのための費用は確保がとても困難なので、私への報酬としては「親孝行な息子」という実にはれがましい称号がいただけることになると思われる。

 現在、田舎の小さな店で近所のお客様相手に売っている(わりと評判がよい、もちろん手作りの)商品も、ネットショップであわせて販売できたら「手作り」の価値や魅力のわかる方がもっと買ってくれるのではないかと思うし、両親の作ったモノだけでなく、いろんな作家さんのオリジナルな手作りの品をモールのような形式で販売できたらすごく面白いことになるかもと今からわくわくしている。

 これまでに10個以上の試作品を作っているけれど、間違いなくだんだんクオリティがあがってきている。もう少ししたら、作品をひとつひとつ解説入りで紹介できるようになると思うので、ここをご覧の皆様の意見などが聞けたらとても素晴らしいiPhoneケースを作る貴重なヒントがいただけるのではないかと思っている。場合によっては、実際に試作品をモニターとして使って貰ったりするのもありかもしれない。

 とはいえ、究極のiPhoneケースを作るなどと気負うつもりはまったくなくて、逆に大手では出来ない少量多品種(場合によってはワンオフなものも)な品揃えで、できるだけ多くの方に他にはないユニークなケースを持つという快感を味わって貰えたらと思う。


 写真は、たくさんの試作品と私と両親の3台のiPhoneだけど、こんな田舎でiPhone3G(しかも全部白)が3台も勢揃いする光景はそうそう見られないと思う。しかも、言ってみれば家族の中で3台なんだからすごいことなのかも。

2 コメント:

gatchan さんのコメント...

ど~も、ぷんぷく堂です。
流石です。おかあさま。
プロの腕を拝見しました。
勉強になります~~。

お役にたてずに申し訳なかったです、が、
もう少ししたらま~にゃさまに
売り込もうと思っているブツがございますので、近々ご報告いたしますね。
しばしお待ちをば。

marshall さんのコメント...

ぷんぷく堂さん、こんにちは。

私の漠然としたイメージがうまく伝わらなくてかえってぷんぷく堂さんに迷惑をかけてしまって申し訳なく思っています。「売り込もうとしているブツ」楽しみですねえ。

ネットショップのオープンにあたっては、うちの母親の作品だけでは寂しいので、いろんな方に出品をお願いしようと思っていますが、高い実績のあるぷんぷく堂さんのがまぐちを出して貰えたら、ショップ全体が引き締まるのではないかと思っています。
それと、やはりぷんぷく堂さんの得意なところでおねがいしまければいけないなあと思って考えたのは、がまぐち型のiPhoneケース(縦型と横型)を作っていただけないかと思うのです。ちょうどいいサイズのがまぐちの金具がありますか。